虫歯を取り除いても痛くなるのはなぜ?

こんにちは😊
いつもさくらデンタルクリニックをご利用いただき、誠にありがとうございます🌸🌸
「虫歯治療をしたのにまだ歯が痛い…🦷💦」
「虫歯って全部取り除いたんじゃなかったの?😈」
今回は虫歯治療後の痛みについてお話したいと思います。

【虫歯を取り除いても痛くなるのはなぜ?】

①器具によって生じる振動や発生する熱の刺激
虫歯は高速回転をする機会を使って虫歯を取り除きます。その際に生じる 振動や発生する熱の刺激により多少内部の神経は損害を受けます。これはどうしても回避できることではないのですが、少しずつ徐々に回復してきます。
②詰め物の高さが高い
詰め物を入れた後は、患者さんに確認しながら噛み合わせを調整します。ですが、麻酔を使っての治療の場合、麻痺した状態が残っているため、噛んだ時高さの感覚がわからないことがあります。高さが高いことにより歯の周囲の歯根膜(歯とそれを支える骨の隙間にあるクッションの役割をする繊維)がダメージを受け、噛む時に痛いという症状が起こります。
③虫歯が大きいことにより歯の神経が損傷し弱ってしまう
深い虫歯は、歯の神経近くまで虫歯に浸食され損傷し弱っていることがありますが、時間をおけば神経が自然と回復していきます。しかし、あまりに虫歯が酷かった場合は神経が回復しないこともあるため痛みが長引きます。そして、神経の回復が見込めない場合、神経自体を除去する治療が必要になってきます。それが、根管治療です。

【痛みが続く場合…】

治療後、数日~約1週間程様子をみていただき、それでも歯の痛みやしみる症状が続く場合は、当院へご連絡ください💁💁

歯の状態に合わせて、詰め物の高さの調整や根管治療などをさせていただきます。

【ご来院予定の方へお願い】

院内感染防止のため、ご来院いただく前に必ずご予約をお願いいたします。なお、今後当局から新しい要請・命令などがあった場合には、予告なく休業させていただく場合がございます。

行動制限中の対応可能な治療内容につきましては、当院ホームページ、または公式LINEをご参照ください。

皆様がマレーシアで安心・健やかな生活お送り頂ける様、当院では最新の情報を元に、日々新しい取り組みを行いながらサービスの向上に努めております

ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。